ETC通勤割引

ETCには、さまざまな割引を有効に使って交通費を上手く節約することができます。

各種割引の中には実際使ってみないとわかりにくいものもありますが、中でもよく使われているものに「通勤割引」があります。

通勤割引とは、朝夕の通勤時間帯にETC無線走行によって高速道路を利用すると、高速料金が半額になるシステムです。

具体的には、朝6時-9時、夕方17時-20時に、入口または出口ゲートをETC利用で通過し、高速道路走行距離が100キロ以内であれば5割引になるというものです。

ただし、朝夕の時間帯で、それぞれ最初の1回に限って割引が有効となります。

例えば、朝6時に高速に入って90キロ走って7時に高速を降り、再び7時半に高速に入って90キロ走って8時半に高速を降りた場合、どちらも通勤割引の条件としては当てはまっているのですが、同じ朝の時間帯に2回走っているということで、前半の90キロ分だけが5割引になります。

朝の通勤時間帯に高速を90キロ走り、帰りに夕方の通勤時間帯に高速を90キロ走ってきた場合は、朝夕ともに5割引になります。

通勤割引は、6時-9時の3時間の間に乗り降りするのではなく、例えば6時過ぎに出口ゲートを通過すれば割引されますし、9時前に入口ゲートを通過しても割引されますので、意外と適用される範囲は広くなります。
移動時間をちょっとずらすだけで高速料金が半額になるので、これはなかなか利用価値のある割引制度だと思います。

ちなみにETCマイレージサービスを利用している場合、割引後の料金に対してポイントが付きます。
つまり通常時の半分のポイントが付与されるわけです(当然ながら・・・)。
ETCを使っている人ならマイレージサービスを利用しない手はないと思います。
各種割引を利用しながらポイントも貯めて無料通行分に還元できるのですから。
ETCカードに連携しているクレジットカードにマイレージサービスという名称の特典があったり、マイレージカードという名のETCカードもあるようですが、勘違いしてはいけないのはETCマイレージサービスは自分で申し込まないとポイントが付かないということです。
航空会社のマイレージと混同されがちなので、注意が必要です。
たとえ発行されたETCカードにマイレージカードという名が書かれていても、自分でETCマイレージサービスに申し込んで初めてサービス開始となります。
知らずに走っていると、せっかく貯まるはずのポイントを捨てているようなものになりますから、もったいないですよ。

ETCとクレジットカードでの高速料金の支払い

高速道路をよく利用する人はETCで無線通行している人も多いでしょう、しかしまだ入り口ゲートで通行券を受け取り、出口ゲートで料金を精算してもらって現金、あるいはクレジットカードで支払う人の方が多いようです。

そんなに頻繁に高速道路を使わないのであれば、ETC車載器の購入、取り付けやセットアップなどにも費用がかかってしまいますので、ETC割引を使って元を取るほど高速道路を利用しないのであれば、その都度料金を支払ってもそれほど不便に感じないでしょし、わざわざETCを付ける必要もないかもしれません。

クレジットカードで高速料金を支払う場合、通行券と共に料金所で係員に渡して精算してもらうわけですが、この場合、それぞれのクレジットカードのポイントは支払った金額に応じて付与されます。

普通にクレジットカードでショッピングをしたときと同じですね。

クレジットカードのポイントを効率よく貯めるには、カードで支払えるものはできるだけカード支払いにするのが得策です。

ただし、ETCカードではないため、時間帯割引などの各種割引は適用されませんし、ETCマイレージポイントなどは付きません。

ETCマイレージポイントについてですが、これはETC利用して高速道路を走れば自動的にポイントが付いてくるものではなく、マイレージサービスに自分で申し込む必要があります。

使用可能なETCカードを用意し、ETC車載器番号などとともに登録しなければなりません。
このサービスは無料で利用でき、ひとつのETCカードにひとつのマイレージIDが発行されるもので、あらためてマイレージカードというものは発行されません。
マイレージカードにポイントを貯めていくのではなく、ETCカードに貯めていくような感じになります。

ETCの種類

今は車を購入するとETC車載器が付いてきたりする場合もあるので、高速道路を頻繁に利用する人以外でもETCを持っている、という人は意外と多いと思います。

また、ETCにも時間帯割引やマイレージサービスなどさまざまなお得プランが出てきたため、自動車社会とあってかなり普及率も伸びてきているようです。

ETC車載器もいろいろなメーカーが発売していますが、これらは大きく3つの種類に分けられます。

まず2ピースタイプと呼ばれるもので、これはETCカード挿入部やETC情報の処理機能部分を含む本体部と、アンテナ部分が一体になっているタイプです。
ETC車載器本体と、ETCカードの二つで構成されるため、2ピースと呼ばれます。
これは価格が安く抑えられる反面、ダッシュボードの上に設置するため見た目や防犯の面ではややマイナスかもしれません。

次に3ピースタイプですが、これは本体からアンテナ部分を分離したタイプです。
アンテナ部分だけをダッシュボード上に載せ、本体は車内のどこでも自由に設置することができます。
好きなところに取り付けられるというメリットの反面、価格が2ピースタイプに比べて割高になります。

その他には、始めから車に取り付けられているビルトインタイプがあります。
こちらはきれいに納まっているためデザイン的に優れています。

どのタイプの車載器がよいかは、それぞれのメリット、デメリットを(機能と、見た目で)比較検討した上で、お好みで選んでください。

またETCを利用する際は、ぜひマイレージサービスに申し込むことをお勧めします。
航空会社のマイレージカード会員とは異なりますが、乗った分だけマイレージが貯まり還元できる、という点では同じです。
ETCマイレージサービスに申し込む時には、ETCカードの登録が必要で、そのカードに対してマイレージIDが発行されます。
改めてマイレージカードが発行されるというわけではありませんが、インターネットでIDを入力してログインすることで、現在のポイント状況や還元手続きなども行なえます。
このサービスを利用するのは、もちろん無料です。

ETCの利用方法について

ETCを利用するために何が必要なのか、簡単に説明します。

まず、有料道路でETCを使うには、ETCカードとETC車載器が必要になります。

ETCカードはカード会社へ申し込み、発行してもらいます、既にクレジットカードを持っている場合はそのクレジット会社での発行が簡単です。

また、カーディーラーなどでも手続きしてもらえます。

ETC車載器は車に搭載して中にETCカードを挿入して使用する機械で、カー用品店やカーディーラー、インターネットでも販売されています。

しかし実際には、ETCカードとETC車載器を用意するだけではまだETCは使えません。
ETCを搭載する車の情報を車載器に登録する作業が必要なのです。

これをセットアップといい、カー用品店やディーラーで行なってもらいます。

セットアップが完了すると、ETCを利用して高速道路が走れるようになります。

ETCを利用するのなら、マイレージサービスにも申し込んでおきましょう。

このサービスの申し込みには持っているETCカードを登録することが必要で、改めてマイレージカードは発行されません。
ETCカードに対してマイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていき、いわばETCカード兼マイレージカードといった感じになります。
このサービスは利用料がかかりませんし、有料道路を利用する機会が多ければかなりポイントが貯まって以降の高速代として還元できます。
ETCのシステムや割引を理解して、お得に賢く利用したいですね。

ETCとは?

ETCが出始めた頃はETC専用ゲートが設けられているインターチェンジがまだ今より少なく、本当に普及していくのだろうか、という声も一部ではあったようですが、今やETCは高速道路を利用する人の間では大変有効利用されています。

ETCの仕組みとは?

ETCは、有料道路での料金自動支払いシステムのことで、有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、車に搭載したETC車載器のアンテナとの間で無線通信を行ない、自動的に料金の精算を行なうシステムです。

通行料は、後日、登録してある口座(クレジットカード)からの引き落としとなります。

このシステムにより、料金所で一旦停止し、窓を開けて料金を支払うという手間がなくなり、料金所をノンストップで通行することができます。

ETC利用のメリットは渋滞知らず、というだけでなく、有料道路を利用する際のさまざまな割引が受けられたり、マイレージサービスというポイントサービスも利用できます。

マイレージサービスは、ETCを搭載しているだけではポイントは貯まらず、サービスに申し込む必要があります。

申し込みには料金はかかりませんし、マイレージカードが発行されるわけでもありません。

自分が今使っているETCカード(あるいはこれから使おうと申し込んだETCカード)に対してマイレージIDが発行され、それがいわばマイレージカードのような役目も果たします。

高速道路のインターでの渋滞を少しでも早くすり抜けるため、また通行料をお得に支払いたい人にはETCはぜひおすすめしたいシステムです。

お得なETCカードって?

ETCの普及により、今まで「クレジットカードは怖くて持てない」と思っていたにも関わらず、クレジットカードを持つことになってしまった人もいるのではないでしょうか。

ETCカードは、多くはクレジットカードに付随するものになっています。
クレジットカードが親カードだとすると、ETCカードはその子カードになるわけです。

よくクレジットカードを作るときには、年会費や特典を比べて、自分の生活スタイルの中でお得に使えるものを選びますよね。

ETCカードについても「どこのETCカードがお得かな?」と悩む人もいるようです。
しかし、結論から言うと、ETCカードに関してはどこのカード会社のものでも特典などは変わりません、高速道路をETC走行する際の時間帯割引などは同じように利用できます。

どこのETCカードがお得かという話ですが、親カードの年会費や特典で選ぶのがよいと思います、現在利用中のカードがあり、ETCカードの年会費が無料ならば手持ちのカードで申し込むのが審査などの時間もかからずに速やかに発行されるでしょう。

ガソリンスタンド系のカードや、ビデオレンタル店のカードなど、今はほとんどのカードでETCカードの申し込みもできるので、自分がよく利用するところで作るのが、もっともお得でしょう。

ただし、給油やビデオレンタルなどでたまったポイントと、ETC利用でたまったマイレージとは別のものになります。

ETCマイレージは、ETCを使って高速道路を無線通行したときにのみたまるポイントで、高速道路の通行料としてのみ還元されます。

マイレージサービスに申し込めば、どこのカード会社のETCカードであろうと、同じように通行料に応じてポイントはたまって行きます。

このサービスに申し込むとマイレージカードというカードが発行されるわけではなく、登録したETCカードに対し、マイレージIDが発行されます。

なので、今使っているETCカードがマイレージカードの役割も果たすわけです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。