ETCの利用方法について

ETCを利用するために何が必要なのか、簡単に説明します。

まず、有料道路でETCを使うには、ETCカードとETC車載器が必要になります。

ETCカードはカード会社へ申し込み、発行してもらいます、既にクレジットカードを持っている場合はそのクレジット会社での発行が簡単です。

また、カーディーラーなどでも手続きしてもらえます。

ETC車載器は車に搭載して中にETCカードを挿入して使用する機械で、カー用品店やカーディーラー、インターネットでも販売されています。

しかし実際には、ETCカードとETC車載器を用意するだけではまだETCは使えません。
ETCを搭載する車の情報を車載器に登録する作業が必要なのです。

これをセットアップといい、カー用品店やディーラーで行なってもらいます。

セットアップが完了すると、ETCを利用して高速道路が走れるようになります。

ETCを利用するのなら、マイレージサービスにも申し込んでおきましょう。

このサービスの申し込みには持っているETCカードを登録することが必要で、改めてマイレージカードは発行されません。
ETCカードに対してマイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていき、いわばETCカード兼マイレージカードといった感じになります。
このサービスは利用料がかかりませんし、有料道路を利用する機会が多ければかなりポイントが貯まって以降の高速代として還元できます。
ETCのシステムや割引を理解して、お得に賢く利用したいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。