ETCとクレジットカードでの高速料金の支払い

高速道路をよく利用する人はETCで無線通行している人も多いでしょう、しかしまだ入り口ゲートで通行券を受け取り、出口ゲートで料金を精算してもらって現金、あるいはクレジットカードで支払う人の方が多いようです。

そんなに頻繁に高速道路を使わないのであれば、ETC車載器の購入、取り付けやセットアップなどにも費用がかかってしまいますので、ETC割引を使って元を取るほど高速道路を利用しないのであれば、その都度料金を支払ってもそれほど不便に感じないでしょし、わざわざETCを付ける必要もないかもしれません。

クレジットカードで高速料金を支払う場合、通行券と共に料金所で係員に渡して精算してもらうわけですが、この場合、それぞれのクレジットカードのポイントは支払った金額に応じて付与されます。

普通にクレジットカードでショッピングをしたときと同じですね。

クレジットカードのポイントを効率よく貯めるには、カードで支払えるものはできるだけカード支払いにするのが得策です。

ただし、ETCカードではないため、時間帯割引などの各種割引は適用されませんし、ETCマイレージポイントなどは付きません。

ETCマイレージポイントについてですが、これはETC利用して高速道路を走れば自動的にポイントが付いてくるものではなく、マイレージサービスに自分で申し込む必要があります。

使用可能なETCカードを用意し、ETC車載器番号などとともに登録しなければなりません。
このサービスは無料で利用でき、ひとつのETCカードにひとつのマイレージIDが発行されるもので、あらためてマイレージカードというものは発行されません。
マイレージカードにポイントを貯めていくのではなく、ETCカードに貯めていくような感じになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。